Archive for the ‘Music Essay’ Category

月曜日, 3月 16th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

いい場所見つけた。

フルートは、残響があると気持ち良いよね?

もし、毎日サントリーホールや、みなとみらいホールで演奏できたら、それは素晴らしい。

みなとみらいホールは、横浜市のイベントで、出たことがある。

トリはアマチュアの、確か横浜市のオーケストラに、ゲストでバイオリンの千住真理子さんだった。素晴らしい演奏だったな?

(弦セクションと、管楽器セクション、千住さんが、微妙に違う三者三様のピッチでやっていた事を除けば)。

僕らは、サックス4人のチーム、サックスマシーンズで演奏した。

演目は、菊地オリジナル曲のテイルズオブカントリーをサックスアンサブルで。

そして、スタンダードの、イブアイシュッドルーズユーを、フルート、クラ、ソプラニーノ、バスクラの木管アンサンブルの後、サックスセクションで。

フルートの残響が良く伸びた。サントリーホールと、同じ設計者と聞いた。

響きが良くて気持ちよかったのを昨日のように思い出す。

だからフルートは、いつも多摩川の橋の下か、自宅でも、マイクを立ててミキサーに入れて、残響を付けてヘッドホンで練習するんだ。

更に、マイナスワンを追加すると、バンドでやっている感じでも、練習出来る。

この写真は、五反田周辺の山手線をくぐるトンネル。

残響は、申し分ない。

初心者の未熟な音だと、人に不快感を与えるのを恐れて、二の足を踏むだろうけど、プロの音は、聞く人が聞けばわかるし、一般人は(残念だが)総じて無関心であり、人通りは結構多いのだが、全く気にする必要はない。

夏になったら、ポータブルな伴奏を流して、ストリートやってみようかなとも、考えた。

噂では、実入りが大きいので、ライブなんかやってられないという人もいるって話も聞いたことがある。

まてよ、ストリートも、免許制になって試験受けなければ駄目とも聞いた。

どっちにしても練習なら、問題無いだろう。

今日は、フルートの生徒さん数人のあと、穴場のいい場所を教えてあげた。

リンクは菊地のフルート動画のページ。

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

 

 

嬉しい出来事

金曜日, 3月 13th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

 

 

 

昨日は、嬉しい出来事がありました。

S音大を卒業して、サックス講師を務めるKさんは、年配のサックス生徒さんが、やりたいことがクラシックだけではない、むしろポピュラー、ジャズであることに気がつきます。

クラシックしか知らないサックス奏者が、ポピュラー、ジャズを教えるのは所詮無理なことです。文化が違う、伝統が違いますから。

それで僕の教室、菊地道場へ入門したわけですが、さすが優秀な方で、僕の教材、「音感トレーニングメソッド」を2週間でマスターしてきた。

音感トレーニングメソッドとは、音楽初心者のために、音をキャッチする、つまり聞いただけで、ドレミを当てる、いろいろな曲をドレミで歌い、移調して演奏する、基本的なコードを感じるなどの訓練をする教材で、先日名簿を整理したら400名近い方がこれで学んでいます。

少しは日本の音楽界に貢献したかな??(^_?)?☆

音楽大学をちゃんと卒業しても、コードは読めない、簡単な伴奏は作れない、アドリブはもちろん出来ないという方がほとんどです。

それはクラシックは読譜に特化していて、作曲家的な素養は余り伸ばしていない結果でしょう。作曲家コースを取った人は別。

さて、嬉しいお知らせとは、倍音列が解ったという報告でした。

つまり和音とは倍音列であり、音の振動数が、元の振動数の2,3,4,5,6,7倍になってゆく。たとえば、ドミソという和音、Cメジャーと呼ばれていますが、これは、振動数4,5,6倍の音のグループと言うことです。

我々人間は、その響きから明るい、安定している、終止したなどの感じを感覚として受け取ります。

ソシレファという音は、G7(ジーセブン)と呼ばれ、もともとCに行こうという傾向があります。五度進行の原理

これは、1酸化炭素は酸素と結合して2酸化炭素になろうとする、高いところにある物体は引力で下へ落ちる、地球は、引力と遠心力が釣り合ったところで何億年も太陽の周りを回る・・・などど同じで、法則なのでだれもそれに逆らうことは出来ないのです。

ニュートンがリンゴが落ちるのを見て万有引力を発見したように、アインシュタインが、物質とエネルギーは等価であるを発見したときのように、Kさんにとっては愕然とする凄い発見であったわけです。

バッハやモーツアルトの時代にすでに発見された5度の原理は、ソからドへ、ドからファへと完全5度に和音が進行すると川の水が上流から下流へ流れるようなもので、とても自然に感じるものなのです。

植物にモーツァルトを聴かせると生育が良くなり、牛に聞かせると乳の出がよくなると言う報告もこれが人間だけではなくすべての生き物が感じるものだということを示しています。

バッハのパルティータも枯れ葉もフライミーも同じコード進行で出来ています。

ジャズ、クラシック、ポピュラー、ロックを問わず音楽に興味のある方は、この倍音列の原理、5度進行の原理が解ると、音楽の世界を作る根本原理が解り、古代、中世、近代、現代の音楽すべてを俯瞰して見渡せるようになり、知的興奮、爽快感、世界観の更新を味わうことが出来ます。

興味のある方は、こちらで、是非、無料ダウンロードしてみてください。

音感トレーニングメソッドのページ→ http://kose-sax-flute.jp/Onkan/onkan.htm

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、

★菊地
康正のサックス、フルート教室へ

菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、
菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

ピアニスト、マッコイタイナー氏が逝去

火曜日, 3月 10th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

ピアニスト、マッコイタイナー氏が逝去した。歴史上の偉人、ジョンコルトレーンカルテットのピアニスト。心からご冥福をお祈りする。素晴らしいピアニストで、ジャズ界では非常に尊敬されている方である。

時は、40年ほどさかのぼる。秋田の高校生だった僕は、中学高校と吹奏楽に親しみ、次第にジャズに興味を持ち始めた。

インパルスレーベルのジョンコルトレーン3枚組LPを購入していつも聞いていた。それは総集編的なものだったので、あとで一枚づつ買い直した。

高校生時代が、ちょうどジャズ変革期で、マイルスが、マイルス インザスカイや、キリマンジャロの娘、インナサイレントウエイなどの実験的な音楽をやっている時代だった。

19歳で上京して大学生となった僕は、早々に学業は放棄して、音楽の道へ進むのだったが・・。

当時東京のジャズの中心地は、新宿ピットインだったと言っても良いだろう。バークリーから帰った渡邊貞夫さんが人気を集めていて、修行僧のようにピットインに集う未来のジャズミュージシャンを目指すプレーヤーが大勢、集まっていたように思う。

当時は、ジョンコルトレーン、マッコイタイナー系のモードジャズがアメリカでも流行っていて、日本でもそのスタイルの人が多かった。

今回のアルバムfabulousでも、 So what を取り上げたが、いわゆる一発モノと言って、Dドリアンモードだけで16小節、半音上に転調して戻るという感じの曲がおおく、この時代だけに適応した人は、一発モノしか出来ないビーバップは出来ないサックス奏者はごろごろ居た。

http://kose-sax-flute.jp/tape_notes.htm

僕は、オールマイティのサックス奏者を目指したので、勃興し始めたフュージョンスタイルも、ビーバップも学ぼうと努めた。

20代から30代で、世良謙さん(p)やジミー竹内(dr)さんなど、旧時代のジャズ界のスター的な皆さんと、村上秀一さん(dr)や矢沢永吉さん(Vo)などど、時代の先端を行く皆さんと共演できたのは大きな財産だが、同時に違う時代の音楽をやり続けるというのも、考えてみると面白い経験だった。

アメリカも、チャイナも別の意味で野蛮な国だと思う。

チャイナは、中華思想の国、国境という概念はなく、強ければ、好きなだけ世界侵略する。

アメリカのトランプの教書演説は素晴らしい。日本人が忘れた愛国心がある。

イスラム国に娘を殺された両親を招待し、ISを成敗したぞと誇ってみせるトランプは、忠臣蔵の仇討ちを現代でやっている。

第一日本では秀吉の時代にやった、刀狩りさえ出来ていない国。

と言うか、アメリカインディアンを600万人虐殺して建国した国、黒人は奴隷として使役していた国だから、所詮無理。

ヒスパニックが増えて、数年後には白人はマイノリティになるのが目に見えていると言われている。

2000年以上の歴史を誇る日本が、今や民度が落ちて、国民も政治も、幼稚園児のようなレベルになってしまった。

一人一人の自覚が問われる時代かもしれない。音楽文化も、経済も、政治も、正気を取り戻せ、知恵を絞れ、日本人。

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

★管楽器演奏の極意

金曜日, 3月 6th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

一切テレビは見ていないが、このところの世の中の動きはいつか経験した感じにとても似ている気がしてきた。

あの東北大震災の時だ。想定外のことが起こり、国中がパニックになり、今回もまた、日本は危機管理能力はなく、国民の感染よりも、習金平(またの名を習隠蔽/しゅういんぺい)率いる中国の観光客、中国との商売、利権を優先する人たちが中枢の権力を握っていることに無力感を覚えた人も多いだろう。

世界大戦後、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争、冷戦と絶え間なく戦争は続いてきた。アメリカに自国を守ることを禁止されてきた日本は、冷戦の終了までは、1回も戦争に巻き込まれることはなく、奇跡の経済的繁栄を謳歌したが、その後の世界の動きについて行けず低迷。

橋本政権以来の緊縮財政、消費税は、ますますデフレ、これだけ間違っているのに、景気は底堅く推移、緩やかに上向いているという見解は、戦時中の大本営発表と同じ臭いがする。信じるやつは居るのか?

間違った経済政策を改め、自分で自分を守る国にならなくてはと思う。ミサイルを撃ったり、領土をぶんどろうとしているお隣さんがいるのだ。

出来ることはそういう人を選挙で選ぶこと、70年の平和念仏主義、唱えていれば平和が来るという幻想から目覚めて、現実に対応できる国にならないと、アメリカの植民地から、中国の植民地になるという未来が待って居ることだろう。

だけど、マイナスな考えに捕らわれたら、要するに奴らの思うつぼと言うことだろう。

今ここでできることを実行して我々音楽家は人の心に勇気や癒しを与えるいわば、世の中から見ると太陽のような役割を発揮して行かなくてはならない。

さて、話題は音楽に戻る。

僕ら60代の人間は、小学中学での音楽教育は、移動読みをたたき込まれた。その後、文部省(現在の文科省)の方針が変わり、音感教育はほぼ無くなったようだ。息子たちの音楽の教科書を見れば解る。

★移動読みとは、歌を歌うときのやり方である。つまり、きらきら星でも、フライミートゥーザムーンでも、もしあなたがちゃんと音程良く暗記して歌えるなら。曲を覚えている、体に入っている、モノにしていると言うこと。

さてそれを楽器でやることを考えてみよう。

ピアノなどの、誰が弾いても音程の決まっている楽器なら、リズムに乗って指順をちゃんとやれば弾けるわけであるが、管楽器やバイオリンなど弦楽器は、音程を作る楽器なので、まず歌うことが基本になる。

歌うことは放棄した上で、指の練習、読譜だけで音楽をやろうとしている人を見かけるが、耳栓をした上で演奏しようとするに等しく無謀な上に不可能なことなのである。

歌が下手だから楽器で?歌いたくないから楽器をやっている?

ダメダメ、楽器が上手くなるには、まず歌うこと。

さて、では、いろいろな曲を音程良く歌えたとして、どうやって指を動かすか?そのとき、ドレミ唱が武器になる。

音階やいろいろなパターンを歌っては指に覚えさせ、ドドソソララソ~~と歌ったら、自動的にその運指になるまで訓練する。歌っては吹く、歌っては吹く、歌うのと生理的に同じレベルになるまでやるのである。

最初はハ調だけで良いが、次第にいろいろな調、最終的には12キーまで、ドレミで歌いさえすれば、自動的に指は動く段階が存在するのである。一流の、ジャズ音楽家は、ほぼそういう能力を持っている。(移調奏と呼ばれる)

★移動読みとは、一流の歌い手のように、知っている曲だったら、どんなキーでも、ハ調と同じ感覚で自由に演奏出来るテクニックでありシステムなのだ。

歌い手さんは、不思議に思っているはずだ。ユービーソーナイスを、今日は声が、不調なので半音下げてくれと言ったら、ミュージシャンはいやな顔をするはずだ。歌い手さんはそれを理解できない。

歌い手さんは思う。簡単なことなのに。

実は、決して簡単ではない。非常に地道な努力が要る行程なのだが、達成してしまえば、簡単に感じるものだ。

さてそのやり方に興味のある方は、是非こちらをご覧ください。

写真は完成した、fabulous インプロビゼーションブックの表紙。

菊地康正の音感トレーニングメソッドのページ

菊地にサックス、フルート
を習ってみたい方は、

★菊地
康正のサックス、フルート教室へ

菊地のサックス、フル
ートのレッスンをすべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピースを再生、
菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲を目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

ある日のフルート稽古

月曜日, 3月 2nd, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

 

 

 

 

 

 

 

今日は、五反田でフルート生徒さん数名のレッスンを終えると、このところ体が乗って来ているフルート稽古をしたくて堪らない。

運動と同じで、トレーニングをしないと体が気持ち悪いのだ。

かなり暖かくなってきたので、目をつけていたある場所へ。

それは、五反田駅から徒歩3分の場所にある、山手線の下をくぐるトンネル。

フルートは、トンネルと相性が良い。橋の下も最高だが。

残響がコンサートホールに匹敵するのだ。結構交通量は多いので、道行く人の視線や表情さえ気にしなければ結構大丈夫。この前から目をつけていた場所。

今日もいつもの定番メニューに従って。

残響が気持ちいいので、ケーラー中級の1-7番くらいから始め、バッハのパルティータの3曲、メヌエット、G線上のアリア、ラベルのボレロなど、心を癒やす名曲の数々を、自分のために演奏する。トンネルに朗々と響くフルートの音が、心地よい。パルティータの終局ブーレでは、半音上、全音上の調でも移調して試みる。こんな事は普通のクラシック奏者は、決してやらないだろう。

プロ演奏家の落とし穴は、人の為に演奏するのが仕事でそれを追求するあまり、自分という聴衆の存在を忘れてしまう事だ。(拝金主義の罠)

時には、自分の心の栄養に自分が自分に音で語りかけたっていい。

その、高貴な響きと、格調高い音楽と、抑制された、でも情感溢れる演奏を自分のためにしても良いのだ。

殆どの通行人は、俺には関係ない、私は急いでいるのよとばかりに足早に歩き去る。

最近生徒にも吹かせている、易しいクラシックシリーズは、自分でも選曲が気に入っている。

オーソレミーヨでは、世界的なテノール、プラシドドミンゴか、ホセカレーラスになり切って、朗々たるテノールのビブラートを、フルートで。

アランフェス協奏曲は、スペインとアラブの、強者を思い、モスクワ郊外の夜更けを思う。

ドボルザークのユーモレスクは、子供にもわかる楽しさがあるが、この曲を奏でていたら、ある若者が、首を振りながら、この曲を、一緒にくちづさみながら歩いてきてくれた。イエーイ。100年前の曲だがモダンだ。都会の音楽。

シャミナーデのコンチェルティーノは、かなり長い間練習しているが大変な難曲。

立ち止まって演奏に驚きの表情の二人は、やはり西洋人のカップル。

クラシックもいいが、本業のJAZZに戻ると、ドナリーの、5キーの指の確認。現在、C,D,Eb,F,G,Ab,Bb は、ちゃんと指が周り、コードも言える段階に。それぞれのキーでもアドリブしてみる。

思い出すとこの曲を、Aで、サックスアンサンブルの、譜面をアレンジし、レコーディングもしたのを思い出す。

思い残すことなく今日やりたかった事はやり尽くし、帰途についた。

 

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

 

 

★スーパーボウルのBeyonceと、Bruno Mars

水曜日, 2月 26th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

 

ビヨンセは、歌って踊れるアメリカの大スターで、ドリームガールズの映画では、シュープリームスのダイアナロス役で素晴らしい演技と歌唱を見せていた。映画に登場する、ジェニファ-ハドソンも、驚異的な声と表現力、若きアレサのような歌手で大好きだ。

こういう勇ましい女性のダンスはいつも生きるパワーをもらう気がする。見ていると元気倍増なのだ(^_?)?☆。

ビヨンセは、3児の母でもあり、それで体型が崩れないのは、普段の節制とトレーニングがうあかがわれる。億案長者でもあり、スーパースターにもかかわらず、次のような心温まるエピソードもある。

世界130カ所のツァーの終盤、ブラジル公演の時のこと、観客の一人が、興奮の余りビヨンセに抱きついた。普通は、セキュリティに取り押さえられて、退場になるところ、彼女は、慌てず騒がず、「あなた、お名前は?私も愛してるわ。」また客席に戻して、コンサートは続いたという。ますますファンが増える話ではないか?

ブルーノは、プエルトリコと東欧系のルーツを持つ父と、フィリピン出身の母との間でハワイで生まれ、幼少から、マイケルジャクソンやプレスリーの物まねで稼いでいたという。彼の音楽を聴いていると、昔日本にもたくさん来ていたフィリピンバンドを思い出すのはそのせいだろう。人種は混ぜるほど良いという見本の彼だ。

歌とダンスで張り合う二人のスーパースター、ブルーノの方が背が小さくて少し笑ってしまうが、日本人も音楽もダンスも少しでも、爪の垢を煎じても、彼らの表現力を学びたい。

では口直しにあっさりとお茶漬けのような、菊地康正のサックスで春の風。

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

バブリーダンス

月曜日, 2月 24th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

80年代といえば、女子高生のバブリーダンス。

アースウインドも、ティナターナーも、プリンスも、チャカカーン、ロッドスチュアートも、ナマで見たなあ。グルーブサウンズて、マサチューセッツの、ビージーズが、ディスコプームでヒットしたのも懐かしい。

この動画は、女子高生だと言う。自分も社交ダンスをやっていた経験はあるが、この振りを、譜面も無しに覚えてしまうと言うのは凄い。ダンサーの記憶力にいつも感心する。ユーモラスな動きや、当時のファッション。メイクも楽しい。

 

菊地にサックス、

フルート
を習ってみたい方は、

菊地
康正のサックス、フルート教室へ

菊地のサ 

ックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD

菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース

を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス

アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

ジャズは温故知新

月曜日, 2月 24th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

昨夜は、大阪でレッスン。新作アルバム、Fabulous の譜面がすべて上がっているので、それを素材にレッスン。

昨年から、レコーディング、ジャズ音源製作のフラッシュアップ、そしてソロのすべて譜面化と、自分の音楽を、分解整理、分析作業を、続けてきた。

脳内は、あたかもニュートン力学の時代から、アインシュタインの、相対性理論、量子力学の時代を経て、シンギュラリティの時代へと突入しているの感を強くする。

ジャズは温故知新。

コルトレーンから始まったジャズサックスの、歴史探訪は、僕の場合は、通常とは逆向きに、コルトレーン(10、20代)、伝統を学ぶ必要を感じて、ロリンズ(20代後半)ジャズが、ロック、ポップスに接近していた時代、ブレッカー、サンボーンも研究(20-30代)、その後、スタンゲッツ、レスターヤングを、研究(40,50代)と進行した。

モダンジャズの父レスターヤングは、スィングのリズムをそのまま吹いていたと言う事が最近解って来た。

ジャズフレーズを調べてゆくと、レスターに突き当たる。パーカーも、レスターを研究してスターになったのだ。

昨日は、生徒10年選手の、藤井さんにも、それを上手く伝えることが出来たのに快哉、快哉。今風にいうとイエーー。

かっこよくスィングして吹くコツを学びたい人は当道場の門を叩くのが近道であることを伝えたい。

美味しい中華料理を頂きながら、情報をみていたら、多くの友人が出演するビックバンドライブを発見、キタへ移動して、ロイヤルホースにて、スピリットジャズアンサンブルのライブの2部をまるまる鑑賞。

のっけから、メーナードファーガソンナンバーで、トランペットの、ハイノートが、気持ちいい。

トロンボーンセクションも、全員いい音で、ソロも上手い。

サックスも、テナーもアルトも、全員ソロも行けるのが解った。リズムセクションも、ゴキゲン。

サルサ、ラテンナンバーでは、立ち上がって踊り出しそうになる衝動を必死で抑えて、平静を装う。

ダンス音楽を聞いても動かない不思議な民族日本人の皆さんを忘れていた。

更にゲストの片岡鶴太郎ではなかった、片岡雄三の、トロンボーンが、これでもかと、豊かな音と、超絶技巧でグルーブ感溢れるプレイ。楽しい夜だった。

ちゃんと時間を計算してミナミに移動して深夜バスに乗る手筈は、まさかのスマホの電池切れで、情報を表示できず、高島屋などで緊急充電してる間に、バスは出発。むむ、、、。

文明の利器に依存し過ぎるの愚を悟る。

瞬時に気持を切り替えて、大阪に一泊していると、また、新しいアイデアが降って来る気がした。

何かって??

徐々に皆さんにも、それをお伝えできる事だろう。

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

fabulous インプロビゼーションブック

水曜日, 2月 19th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

 

 

 

今日は、菊地康正の新作アルバムfabulousのソロをすべて書き取った楽譜集「fabulous improvisation book」の巻頭言が上手く書き上がったので公開します。音楽の歴史を学ぼう。

★★★★★★★★

fabulous improvisation book 刊行に当たって

CDのライナーにも書きましたが、このアルバムとこの本は、菊地道場師範代の片岡健二の発案でした。

僕もたくさん要望を出しましたが、素晴らしい彼の音源作り、そしてレコーディングの実力が無かったらこのアルバムとこの本は実現していませんでした。

ジャケット写真や、レコードタイトルのアイデア、録音のアシスタントと協力してくれた、Ineko さん共々、深く感謝するとともに、一緒に仕事できたことを誇りに思っています。

このアルバムは、現時点での、私のインプロヴィゼーションの到達点でもあり、サックス奏者として、アーティストとしての作品でもあり、1992年の Play the sax に始まる、ジャズサックス教則シリーズの集大成にもなりました。

片岡に言わせると、師匠の遺言を残して置きたかったとなりますが、まだまだ早々に、この世から立ち去る気は無いので悪しからず。

ドイツ人のジャズ評論家ヨアヒムベーレントは、ジャズを歴史的に深く考察しています。

ニューオリンズのいかがわしい場所から始まったジャズは、カンザスを越えてニューヨークへ渡り、つまりミュージシャンが移動していったわけですが、偉大なトランペッターにして歌手、ルイアームストロングが牽引していた時代の後、大恐慌時代は、ビッグバンドによるスイングジャズが興隆、ベニーグッドマンなどクラリネットの時代から、サックスの時代へと変遷していきます。

サックスにおける、ジャズのフレージング及び奏法の2大源流は、コールマンホーキンズと、レスターヤングと言われています。

かなり大雑把に言えば、ホーキンスは、男性的な太いトーンでコードアルペジオのスタイル、レスターは、ソフトなトーンで、スケールとガイドトーンによるフレージングまた、元ドラマーということもあり、リズムのノリを絶妙に歌うフレージングにも特徴があります。

その後、パーカーを経て、モダンジャズの世界へと繋がっていくわけですが、我々後世のジャズ奏者が学んでいる、コード、スケール、ガイドトーンラインなるものは、こういった先人が、学校でシステム的に学んだのではなく、実際の演奏の現場で工夫や苦労を重ねて編み出した結果の遺産であることを十分自覚したいものです。

さて、即興演奏というのは、その場のその場の、瞬間の作曲であると言えますが、デタラメにやっているわけではもちろんなく、転調や流れている流れているコードを耳で認識して、有機的に、立体的に、メロディを紡ぎ出して行くわけです。

その時にやはり、演劇、ドラマや映画のように、やはり、ストーリー性が無いと、つまらないものになってしまう。

この本の利用の仕方として、徹底的にさらって、とりあえず丸暗記して、見なくても吹けるようにしてしまう、また、個々ののフレーズを抜き出して、これは、だれそれに似ているなと分析したり、気に入ったフレーズをいろいろなキーで練習してストックするなども、もちろん有りですが、ソロの流れを、是非分析してみることをお勧めします。

やり方は、鉛筆で、音を聞きながら、ブレスしてから、次のブレスまでを1フレーズと考えて、旋律線を引いてみる。

旋律線は、前のフレーズを何回模倣しているか?

また、1本の旋律線は、上行しているのか下降しているのか?

もちろん1本の旋律線の中でも細かく上行下降を繰り返すのですが、始まりの音と終わりの音に注目すると、その旋律線はどちらへ向かっているのか、が分かります。

初心者や中級者の方で、ソロにストーリー性の無い方は、1つの旋律線の始まりと終わりがほぼ同じ音だったりすることが多いです。聞いている人から見ると、色々やっているけど、結局どこへも連れていってもらえなかったという、焦燥感、無力感が残ります。

例えば、↑上行、↑上行、↓下降、↑上行、↓下降、↓下降、↑上行、↓下降などのように、旋律線を配置すれば、全体としては、山あり谷ありだが、全体としては、山に向かい(クライマックス、緊張)、そして下山(リラックス、弛緩、安堵)したという、聞き応えのあるソロになるでしょう。

ジャズ即興演奏に関する基本的な知識は、拙著や世に出ているいろいろな情報で学べると思うが、こういったソロ全体を構成する方法、そしてそれを実例で示したものは少ないと思うので、是非そういった視点で、この本で研鑽を積み、コード、スケール、ガイドトーン、ジャズフレーズを学ぶ他に、ストーリー性のあるソロを構成するやり方を学んでください。

ストーリー性のあるソロを構築できる音楽家が、日本にもどんどん増えて欲しい、そのために本書を活用して欲しいと願っています。

狭い意味では、ライバル(商売仇)が増えることになりますが、ジャズ界音楽界のレベルが上がれば、裾野も広がります。

★技術的な補足

サックスでジャズ的に聞かせるには、ジャズタンギングが必須です。その基本は裏打ちにあり、8個の八分音符が並んでいる場合、タタラタ、ラタラタが基本です。タはタンギング、ラはタンギングなしでスラーで次の音へ移行することを意味しています。この本では、可能な限り、細かくタンギングを含むアーティキュレーションを聞き取り
記入しました。詳しくは、拙著Play the Alto,Play the Tenor シリーズに詳説しているので参考にしてください。

ジャズの命はスイングです。いくら正確に指が回ってもスイングしていなければ何の魅力も発散できません。スイングするには、リズムに合わせて歩いたり、2,4拍で手を打ったりして、リズム感を鍛えましょう。

移動読みでも固定読みでも構わないので、スキャットで、音源と一緒に声を出して歌いましょう。理屈は分からなくても、メロディをアドリブを同じ音程で歌えたら、もうそのソロは体に入ったも同然です。理屈は後からわかってきます。

この本の楽譜を作成して感じたのは、歌えるし、吹けるけど、楽譜に記入するにはどうしたら良いか分からないフレーズが結構多かったことです。音の高さよりリズムを書き取る難しさを痛感しました。フレーズは目より耳を優先して、聞こえた通りに覚えたほうが早いです。

2020年2月
菊地康正

アルバム fabulous と、fabulous improvisation book の詳細はこちらです。

fabulous インプロビゼーションブックの購入はこちらです。

 

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、

★菊地
康正のサックス、フルート教室へ

菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、
菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド

機械にも魂がある

木曜日, 2月 13th, 2020
★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズ
ランキング

音楽
ランキング

音楽教室
ランキング

今年に入ってから、サックスを習いたい人が続々加入中。面白いのが、最新アルバム「fabulous」の購入者の方が数名。

お話を聞くと、アルバムのようにサックスで歌うように吹きたい。

また最近の傾向としては、サックスも、フルートもセッションに通っているのだが、皆から賞賛されるように、拍手が来るような演奏をしたい。そういう中級者、ビジョンの明確な方が多いようです。・・・ナルホド。

さて、fabulous インプロビゼーションブックの許諾がもうすぐ揃います。著作権の切れた曲もあり、切れていない曲は管理会社の許諾が必要なのです。

楽譜の仕上げもそろそろ終盤、完成です。即興で演奏したものを14曲分楽譜に書き取るというのは膨大な作業量で、まさに大変な作業でした。片岡健二の助力が大きかったです。

演奏しているのが自分なので、指癖(ジャズは手癖だ・・山下洋輔)として、こう行くだろうという予測が立つのですが、それでも解らないところは多く、また吹けるし歌えるけど、楽譜に記入するとどういう譜面割りになるかは、指を折って考えたりしましたよ。音と目は違う情報。

また、練習する人がわかりやすいように、特に臨時記号を#にするのか♭にするのかで、吹きやすさが断然違ってくるので、一個一個丁寧に直してゆきます。

またどこでタンギングするかというアーティキュレイションも詳しく書いてあり、世界一親切なジャズコピー集となるのだ。

僕の譜面ソフトは、古い Overture なので、バグがあり、しょっちゅう保存しないとデータが飛ぶので、つい保存し忘れて、何度,罵詈雑言阿鼻叫喚の叫び声を上げたか解らない(^_?)?☆。

でも機械にも魂があるようで、昨日も、一生懸命働く古い PC をついなじってしまったのが原因か、数時間かけて作ったデータが一瞬で飛んでしまい、愕然。やはりナイーブな君は、傷ついたんだね?

今日は、機械に、ごめんね?僕が悪かった。今日からまた優しくするから、頑張ってねと声をかけたせいか、サクサクと作業は進み、ついに14曲は完成したのだ。

アルバムをまるまる書き取ったのは、20代にソニーロリンズのサキソホンコロサスをまるまる全曲書き取って以来だ。

ジャズの勉強は、とにかくレコードコピーにパターン練習そして上手いドラマーとたくさんやらせてもらい、人前で演奏し続けることだろう。

自分の演奏を書き取った譜面を眺めると、どういう考えで音を組み立て居るのかが上から俯瞰できる。

音楽は、時間の中存在するから、最初から最後まで体験するにはその時間を生きなくてはならない。

が、もし人間や世界の運命が台本のように決まっていて俯瞰できたらこんな感じなのだろう。時間は無視して、すべては今ここにあり、過去現在未来すべてを上から見渡していると言うことだ。

一説には聖書の預言には、過去現在未来がすべて書いてあるとのこと、今度じっくり研究したいものだ。

fabulous インプロビゼーションブック

fabulous のお求めはこちらです。

 

菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、

★菊地
康正のサックス、フルート教室へ

菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、
菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
アドリブやアドリブや、作編曲目指す人に
音感を付ける
★音感トレーニングメソッド
rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide